ウッドチップで熟成したイングリッシュエール。

WOODY POCO

ウッディ ポコ

Wood Aged English Ale
ABV
4.3%
IBU
10
HOPS
Willamette, Merkur
MALTS
Two Row Pale, Munich, C150, Caraaroma, Carafa
OTHERS
Woodchip
COLOR
Deep Amber

今でこそ、衛生面と効率性の観点から、醸造タンクの大部分がステンレスタンクに取って代わられてしまいましたが、もともとお酒というものは、ビールに限らず木樽で仕込まれてきました。日本酒には杉樽が、ワインやビールではオーク樽が使われてきたのがその代表的な事例でしょう。 今回はそんな古い時代に仕込まれていたビールのニュアンスを少し感じていただけるよう、ミディアムローストしたオークチップを加えて熟成をしました。ミューニックモルトをふんだんに使い、ふくよかなモルトの甘みにオークチップ由来の甘い香りとアフターテイストに仄かな木のニュアンスがあいまって、複雑さが感じられるビールとなっています。温度変化に伴って様々に変化するビールの表情を楽しんでいただけます。

Today, from the viewpoint of sanitation and efficiency, stainless steel tank replaced the wooden barrel. However, alcohol, not only beer has a history that has been aged in wooden barrel. A typical example is that cedar barrels were used for sake, and oak barrels were used for wine and beer. This time of our beer was aged by adding medium roasted oak chips so that you can feel the flavor of beer that was made such old days. To the sweetness of the rich malt which used lots of munich malt, the sweet aroma derived from oak chips and the nuance of wood with after-taste are combined, making it a beer of complex taste.

KEG SIZE
10.4L/15.5L/