ホップ由来のトロピカルな味わいを楽しめるIPA。

CHACK’N HOP

チャックンホップ

American IPA
ABV
6.5%
IBU
35
HOPS
Mosaic, Simcoe, Merkur
MALTS
Two Row Pale, Maris Otter
COLOR
Deep Gold

今回のIPA、工夫したことは「ホップの使い方」です。 2回のドライホップのうち、1回はNew England Style IPAで使われるテクニックを踏襲し、ビールの発酵中にドライホップを行いました。こうすることで、発酵中の酵母がホップの成分を分解し、さらなる複雑な香りが生まれます。グラスに鼻を近づけると、トロピカルフルーツを思わせるホップの香りが力強く立ち上がってくるのを感じていただけることでしょう。MosaicとSimcoeという2種のホップを様々なタイミングで投入することによって生まれた、シトラス、マンゴー、桃、パッションフルーツなどが幾重にも重なった香りに、苦味は控えめながらしっかりとした飲み口のあるボディ。飲みごたえのあるIPAとなっています。

This time's IPA, our challenge is to maximize the potential of hops. Of the two times dryhopping, one followed the technique used in NEIPA and did dryhopping during fermentation. By doing this, the yeast during fermentation breaks down the hop component, creating a more complex aroma. When you bring your nose close to the glass, you can feel the aroma of hops reminiscent of tropical fruits. By pitching two types of hops, Mosaic and Simcoe with property timing, the aroma like citrus, mango, peaches, and passion fruit, etc. overlapped and the bitterness is moderate, but the mouthfeel is rich.

KEG SIZE
10.4L/15.5L/20.5L/